味のないパンにも味があると思う。

人を楽しませることを沢山考えてきたよ!年間100冊読書をする学び大好き社会人。天真爛漫な娘ちゃんと嫁ちゃんダブルで尻に敷かれながら楽しく過ごす愛情ブロガー。おこづかいはアドセンスよ!パワハラ銀行員を経て企業コンサルに就任。事務は任せろのインドアの極み!

味のないパンにも味があると思う

勉強が凄くはかどる「ノートのまとめ方」

f:id:lindalindapanda:20190321201724j:plain

そのノートのまとめ方、本当に役立ってる?

ノートはうまく活用すれば受験勉強や資格勉強において「最強のアウトプットツール」となり、みるみる記憶の定着をアップさせてくれる強力な味方になります。

しかしながらなかなかうまくノートを使いこなせずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

定規で線を引き、カラフルなアンダーライン、整列した文字がびっしりのノート。

確かにとても綺麗なんだけど…いまいち内容が頭にはいってこない。

僕もそんな状態だったので、小一時間ノートを眺めて悩んでみました。

・よく見るとテキストの内容をほとんど丸写ししてしまっている

・ノートを書いたこと自体に満足し、ほとんど読み返していない

・書いた内容を全然覚えておらず、勉強に効果があるのかわからない

・ノートのまとめ方に統一性がなくその場のノリだけでまとめてしまっている

・ひたすら綺麗に書くことだけに命をかけている

どうやらこの悩みは、ノートのまとめ方の意識を変えると解決できそうです。

まったく同じような悩みだよ。受験勉強のときもただただ綺麗なノートを作ってしまうんだよね。

あるある。それで勉強してる気になって実際頭に内容が入っていなかったりね。

それを解決するためにノートのまとめ方の意識を変えるってどういうことなの?

記録するためのノート」と「記憶するためのノート」の違いを意識するといいよ!

  • そのノートのまとめ方、本当に役立ってる?
  • ノートは「記録」するものではなく「記憶」するものと意識を変える
  • 超効率的な「記憶するための」ノートのまとめ方
  • なぜオリジナル問題集化がいいのか。僕らはアウトプットした気になっている。
  • ノートのまとめ方のコツ
    • 文字は詰め込み過ぎず、十分な余白を残そう!
    • ペンの色の種類は少なく、自分のルールを決めよう。
    • 無地で大きなノートを使おう
    • メモ帳やルーズリーフではなく必ず綴じられたノートを使おう
  • 勉強は奥が深くてとても楽しい
  • 参考図書
続きを読む

読書の方法!仕事や勉強に役立てよう!【読書術】

f:id:lindalindapanda:20190220234517p:plain

今回は「読書の方法」を学ぼうと思うよ!

読書の方法ってどういうこと?ふつうに読書するんじゃないの?

うん、もちろん普通に読書するもの楽しいよ。でもさらに読書術を学ぶことで考える力が身についたり、本の内容を即座にアウトプットできるようになるんだ!

それはすごい!学べば一生ものの知識だね!

これから長い人生「読書の方法」を学ぶことは一生の財産になると思うよ。

 

みなさんは本を読むときどのようなことを心掛けているでしょうか?

僕は本が好きで年間100冊ほど読みます。ジャンルは主にビジネス実用書や小説です。

読書に慣れるまでは「ただただ本を読む。楽しいな」という感じで、知識をアウトプットをするということはありませんでした。

僕と同じように本をただ読むことに満足してそのまま積む…そんな方も多いのではないでしょうか?

僕のそんな読書の方法や考え方が劇的に変わった出来事があります。

ある日、僕は病気についての悩みを友人に打ち明けたことがあります。

数日後、その友人は僕が驚くほどの病気の知識と解決方法を教えてくれました。

「いったいどうして自分がかかってもない病気になのにそこまで知っているんだい?」と尋ねると

友人は「すべて本に載っていたんだよ。君のために学んだんだよ」と教えてくれました。

その友人はたくさんの病気の本と過去に読んできた本の知識をつなぎ合わせ、言葉にアウトプットして、わかりやすく説明してくれたのです。

知識が次々と繋がりあふれてくる様子を見て「本ってこうやって使うんだ」と感動したことをいまでも鮮明に覚えています(自分のために本を漁ってくれたのだから尚のこと感動)

この出来事がきっかけで僕は「読書の方法」を学んで知識を自分のもにするためにも、自分の頭で考えてアウトプットをすることを常に意識するようになりました。

みなさんもこれを機会に自分なりの一生ものの「読書の方法」を探してみませんか?

今回はそのお手伝いをしたいと思い記事をかかせていただきました。

  • 東大読書と京大読書術を基礎に「読書の方法」を学ぶ
  • まずは検証読みという読書の方法を学ぼう
  • 帯や表紙・目次から本の内容を学びとる方法
    • そのほかにも本の攻め方を考えるポイントがあります
  • メモを残しながら読む技術
  • 仮説を作って読む方法
  • 最初と最後に要点が詰まっている
  • 本に突っ込みを入れたり、要するにと要約しながら読む
  • 実際に要約できるか試してみよう
  • 自分の答えをだしてみよう
  • 技術的な読書の方法
    • 予測しながら読む技術(京大読書術)
    • 速読法(京大読書術)
  • 【番外編】読書ノート作ってみました
  • 「東大読書」と「京大読書術」
  • 自分で読書術の本を書いてみたい
続きを読む

ブログのヘッダーを依頼したら神作品ができあがった!

ねぇねぇ聞いて!ブログのヘッダーを作ってもらうことにしたんだ!

おっ!それはいいね!記事にはこだわってたけど何でこのヘッダーなんだろなってずっと疑問に思ってたんだよ。

このヘッダー

↓↓↓↓↓

f:id:lindalindapanda:20190126125234p:plain

え…どういう意味や…ま、まぁ見てる人はヘッダーって結構気にするんや?

そりゃ一番に目につくし、どの記事にでも出てくるからね。

ということで今回はヘッダーの作成を依頼しました。

神作品が出来上がってテンション盛りもりです。

  • 神絵師のむすぺろ先生にヘッダーを依頼したよ
  • 完成した作品がこちら
  • むすぺろ先生とのやりとり
  • ご依頼はこちらから
  • むすぺろ先生ありがとうございました
続きを読む

歯医者が怖くて虫歯を20年放置した話。今からでも治療は全然遅くないぞ!

f:id:lindalindapanda:20190118210756j:plain

あんた虫歯なんでしょ?はやく歯医者いきなさいよ?

わかったわかった(怖いから先延ばし…かれこれ20年)

歯は一生ものよ。虫歯で命を落とす人もいるのよ!

ドキッ!そんなわけないやろ…(どこかで聞いたことあるぞ)

インターネット…ポチポチ

恐ろしい記事の連続!!

虫歯を経験した人はこのようなドキっとする記事を見たことはないでしょうか?

しかしながらほとんどの場合は大丈夫です。

健康関係のネット記事はあまりにも大げさな部分があります。咳が少し出れば大病、熱が続けば大病と不安を煽る記事が散見されます(不安を煽る理由はブログの収益化など裏事情があったりするものです。気にしすぎる必要はありません)

このような恐怖を煽る記事ばかり読んでいては頭の中で不安だけが堂々めぐりしてしまいます。

歯医者に行くことが余計に怖くなり尻込みしてしまいますよね。

本当に悪循環だと思います。

これらの情報は自分の背中を押してくれる材料程度に思うことに留めておきましょう。

逆に今回の記事は20年という長い間、虫歯を放置し「歯がボロボロ」になったけど、いざ歯医者に行ったら「全然平気」ですべての虫歯をキレイ治した話をします。

当時の僕も、みなさんと同様に不安を煽る情報に踊らされ歯医者に強烈な抵抗を覚えていました。

しかしいざ歯医者に行ってしまえば不安はすべて解決します。

歯医者が怖くて虫歯を放置・なんとなく虫歯を放置・早く歯医者いかなければならないことはわかっている。

そんな方が勇気を出して歯医者に行こうと思える記事になればいいなと思います。

今行けばほとんどの場合大丈夫です(20年も虫歯を放置していた僕が大丈夫だったように)

歯医者に行き始めればどんどんピカピカになる自分の歯に喜びを感じることでしょう。

この記事を読めば

  • あなたの虫歯は手遅れではないことがわかる
  • 歯医者に行く勇気が湧きあふれる
  • 虫歯を治療したくてたまらなくなる
  • 歯が綺麗になる喜びを感じることができる
  • 虫歯を治療するメリットがわかる
  • 歯医者が怖くて虫歯を20年放置!
  • 虫歯で死ぬことはあるの?
    • 「虫歯 死ぬ」で検索すると歯周病や虫歯が原因で死亡すると書いている!
  • 歯抜けのため人前でニコっと大きく笑えない
  • 激痛がやってきた。ロキソニンも新今治水も効かない!
  • 歯医者は予約で満員!
  • 歯医者に怒られると思ったけど全く怒られずスムーズに治療開始
  • 保険適用の治療。今回の治療をざっくりと。
  • 歯間ブラシやフロス、歯磨き粉・電動歯ブラシ・ウォッシャーを購入
    • おすすめ歯磨き粉
    • 歯間ブラシとフロスの購入
    • 舌苔除去対策おすすめグッズ
    • 電動歯ブラシを「ドルツ」購入
    • 口腔洗浄機(ジェットウォッシャー)の利用を再開
  • 20年放置の僕でも虫歯ゼロになった
続きを読む

おすすめ勉強グッズ!お気に入りの勉強道具でモチベーションをあげよう!

f:id:lindalindapanda:20190105203644j:plain

 

勉強のやる気がでないんだよね。資格勉強しなくちゃいけないんだけどねぇ…

それならまずはグッズからそろえてみればいいんじゃないかな?やる気がすごく出るよ!

この記事を読めば

  • 勉強に対するモチベーションがあがる
  • お気に入りの勉強グッズが見つかる
  • 比較的安価なのでいますぐにでも手に入れれるものばかり
  • 明日からの勉強生活が少し楽しくなる
  • おすすめの勉強グッズを揃えてやる気を出そう!
  • おすすめ勉強グッズ
    • ふでばこ(筆箱・ペンケース)コクヨ
    • ボールペン(ジェットストリーム)
    • 紙用マッキー(ゼブラ)
    • シャープペンシル(Drグリップ)
    • アピカノート(A4無地)
    • ブックカバー(コレクト)
    • 卓上ライト
    • 暗記カード(コクヨ大)
    • フリップクリップ
    • 勉強方法を学ぶための勉強本
    • 瞑想本(初学者用)
  • おわりに
続きを読む

【勉強法】参考書や問題集の選び方を考える。

f:id:lindalindapanda:20181223223053p:plain

受験や資格勉強のときってどの参考書や問題集を使うか迷うよね。

そだね!本屋にいくと色々な種類の参考書や問題集があるもんね!

そうそう!沢山あって選び方がわかんないよ…どうやって選んでるの?

ふふふ…よくぞ聞いてくれました。

おっ!おすすめの選び方があるんだね?

ここだけの秘密なんだけど、僕は他の受験生に差をつける為、あえてあまり売れてないマイナーな参考書や問題集を買うんだ!みんながやってるやつを覚えても差がつかないでしょ?

えぇー!?あえてマイナーなものを買う!?それ本当に正しいの?わたしはみんなが使って売れているおすすめのがいいと思うけどなあ

よしっ!それじゃあ今日は書籍調査やヒアリング調査で効率的な参考書や問題集の選び方をさぐっていこうじゃないか!

本屋さんには受験や資格勉強のための参考書・問題集があります。

その種類は膨大で売れているものからマイナーなものまで所狭しと並んでいますよね。

僕は勉強が大好きで参考書や問題集を吟味するのがすごく楽しいと思うのですが、あるとき「参考書や問題集は売れているもののほうがいいの?はたまたマイナーなものがいいの?」という疑問が生まれました。

果たしてもっとも効率のいい参考書・問題集選びはどのようなものなのでしょうか。

この記事を読めば

  • 参考書や問題集は売れているものがいいのかマイナーなものがいいのかがわかる
  • 多くのヒアリングに基づき選び方を研究したので納得して参考書を買うことができる
  • ゆえに安心して受験や資格勉強に取り組むことができるようになる

それでは参考書や問題集の選び方を一緒に研究して納得のいく1冊を手に入れましょう。

  • 売れている参考書や問題集を選べ。
  • 正直に言うと僕は「マイナーな参考書」がいいと思っていた。
  • ツイッターのアンケートで大多数の意見を確認する
  • 知恵の豊富なフォロワーにヒアリング調査を行う
  • 勉強本でも売れているorマイナーどちらがいいのか調べてみる
  • 現役高校教師にヒアリングする
  • 安心して勉強に取り組むことができるようになった
続きを読む

勉強は楽しい!勉強する意味を見つけることが大切!

f:id:lindalindapanda:20181209224447j:plain

TOEICの試験があって勉強をしなくちゃいけないんだ…

おっ!英語でほかの国の人としゃべれるようになるいい機会だね!

強制的に受けさせられるんだよ?勉強なんて楽しいわけないじゃん

英語を使えれば君の大好きなFPSゲームのボイチャも英語圏で楽しめるよ!

暗記苦手なんだよな~なんで勉強しなくちゃいけないの?

(だめだ全然聞いてない…)勉強には楽しくなるコツがあるんだよ!

みなさん勉強は楽しいですか?それとも勉強は嫌いですか?

勉強を苦手とする人は多いですよね。今回はそんな人が少しでも勉強を好きになれるコツを紹介します。

この記事を読めば…

  • 勉強が楽しいと思えるようになる
  • 勉強に対するモチベーションがあがる
  • 社会人が資格の勉強法について考えることができる
  • 学ぶことを学ぶことができる

それでは勉強が楽しくなる勉強法のコツを習得しましょう。

あぁ嫌だ嫌だ!もうすぐテストだ!勉強したくないのに!意味ないよ!

ほらほらそういわずに一緒に勉強を楽しもうよ!

  • 今回の参考図書「Learn Better(ラーンベター)」勉強法の本はコレ!
  • そもそも勉強を楽しいと感じる人はいるのか?
  • 最初から勉強が好きだったのか?
  • 勉強に価値があるとみなし、意味付けをすると楽しくなる
  • 勉強する価値の見いだし方、勉強する意味の見つけ方
    • いじめを脱却するために勉強に価値を見つけた中学時代
    • 親父の借金から勉強する意味を見つける
    • ラーン(学習)クラフティング 学びを自ら作り上げる
    • あなたのしているネットサーフィンこそ学習の第1歩である
  • 仲間の存在が価値を増幅させる
  • 知識が拡散し世の中が良くなることが僕の理想
  • おわりに
続きを読む

ニンジャストラップ(Ninga Camera Strap)をレビュー!5年間使ってきたけどカメラのストラップはこれで決まり!

f:id:lindalindapanda:20181115142042j:plain

付属のカメラストラップってカメラがブラブラしていまいち使いにくいんだよね

そうだね。しゃがむとうっかりカメラを地面にぶつけてしまうよね

そうそう、それにカメラが人にぶつかってしまわないか心配だよ

うんうん。子どもが危ないしカメラはからだに密着させておきたいよね。

アクティブに動き回りたいしね!なにかオススメのカメラストラップない?

ふふふ…いまの困りごとをすべて解決してくれるのがニンジャストラップだよ!

カメラは本当に素晴らしいです。こちらは夏に撮影した写真です。

f:id:lindalindapanda:20170121193333j:plain

僕の前には高校生のカップルが並んで花火をみていました。男の子と女の子との間にはポカリスエットが1本置いてありました。僕はそのポカリ1本の距離にキュンと青春を感じたことを思い出します。

このように写真はその場の興奮や匂いまでも運んできてくれます。

(ほかにもカメラ初心者向けに写真のアイデア集を作ったので見てね↓↓)

そんなカメラを少しでも便利に使えるように世の中には様々なカメラアクセサリーがあります。

今回はその中でも特にこだわりたい「カメラのストラップ」を紹介します。

僕はカメラが好きで常に肌身離さず持ち歩きたい人間です。

その中で1番大切にしていることが写真をとるという行為が1つの流れるような動作となり日常に溶け込むということです。

たとえばストラップが長すぎてカメラがブラブラしてなんだか邪魔…一体感を感じることができない。ブラブラが嫌で短いものを選んだが、撮影する際に首からストラップをはずしている間にシャッターチャンスを逃してしまった。

こういったストラップにまつわるちょっとした不満からカメラを持ち歩くのが億劫になってしまうケースは多々見受けられます。こういう小さなストレスこそ積み重なってカメラを辞めてしまうにまで至るんですよね。

今回紹介するのはこれらの不満をばっちり解決し、僕がカメラをするうえで最も重要としている流れる動きを再現できるカメラストラップ。

ダイアグナル(diagnl)さんから発売されているニンジャストラップ(Ninga Camera Strap)です。

ちなみに公式サイトではストラップの柄も多数あり好みが見つかるもしれません。

公式サイト→diagnl

お財布と手軽さとを考慮しながら自分にあったベストニンジャストラップを選んでください。

ニンジャストラップはここが便利。

  • 伸縮自在のストラップが生み出すシャッターを切るまでのなめらかな一連の動き
  • カメラを背中に固定できアクティブな動きが可能に
  • 手持ちのカメラサイズに合わせて選べるストラップ幅

さてそれでは数あるストラップの中からニンジャストラップをベストストラップに選んだ理由をみていきましょう。

ブラブラしないからあっしも安心でやんす!

  • 一般的なカメラストラップに対する不満点
    • ネックストラップ
    • ショルダーストラップ
    • ハンドストラップ
  • ニンジャストラップをオススメするわけ
    • 身体にガッチリ固定。アクティブな動きができます。
    • 素早い臨戦態勢。シャッターチャンスを逃しません。
    • 手持ちのカメラに合わせて選べるストラップの幅。
    • バックルを外して簡単速攻分解。
    • あまったストラップがマジで忍者
  • ニンジャストラップの使い方
  • ニンジャストラップの良い口コミ(Amazon)
  • ニンジャストラップの気になる口コミ
  • ニンジャストラップを使用していて少し気になる点
  • おわりに
続きを読む